コース紹介

小学生のお子様

中学受験

塾別対策コース~1日でも早い上位クラス到達へ~

プレステージでは30年に渡り、多くの中学受験生をお預かりしてきました。
長年の実績・経験と選びぬかれた講師陣により、より上手く塾を活用できるよう指導します。

  • 塾の宿題が終わらない
  • 週例テスト対策に追われ、復習に時間を割くことが出来ない
  • 下位クラスで伸び悩んでいる
  • 小6に入って成績が落ちた。上位クラスを維持するのが大変

このようにお困りの方は是非ご相談下さい。
特に下位クラスからの挽回には、正しい原因分析と勉強環境の最適化が必要になります。
ノートの取り方、プリントの整理法、宿題の取捨選別、生活リズムの改善、方針についてのセカンドオピニオンの提供など、ご家庭の参謀として厳選されたプロ家庭教師をご紹介いたします。

【指導例】

雙葉中学合格
入会時期:5年生9月
在籍塾:SAPIX
重点指導科目:算数
重点指導内容:線分図をはじめとした図式化の練習、 比と割合(数の大きさ・量・単位)、速さ
使用サブテキスト:合格自在、中学入試最重要問題、 自作プリント 他
指導成果:Rクラス → α2クラス(最終在籍クラス)
科目 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
算数 比と割合
小4範囲の特殊算の総復習
旅人算・流水算・通過算
速さと比
テスト対策       1月組
分け
  3月組
分け
4月マンスリー
自宅学習 プリント整理・デイリーサポートDランク

【指導のポイント】

4年生までは成績優秀であったHさんは、5年生に入ってから調子を崩し、夏休み後にお問合せをいただきました。分析指導を通じて発覚した症状は以下の通りでした。
①文章問題を図や表にすることなく解こうとする。図形問題の図を描き直さない。
②問題文が長くなると手が動かなくなる。

この手のお子様は、地頭が良く頭の中だけで処理することに慣れきっている場合が多いですが、Hさんも同様にノートや答案が理想的な途中式が書かれているのみで、余白には表やグラフはおろか筆算すら書かれていないという状況でした。要は、小5に入り内容が難しくなった途端、頭の中だけでは処理が追いつかずオーバーフローを起こしてしまったのです。更に、夏休みに入り中学受験生がつまずきやすい比と割合に入ったことで赤信号が灯ってしまったのでした。

まずHさんには図式化する「必要性」に納得してもらうため、小学4年生で学習した和差算やつるかめ算、過不足算、消去算等を復習も兼ねて指導を行いました。さらに、式や図表をきちんと書くためには問題文を読みこなす力が必要となるため、算数の文章題を通して簡易的な読解力育成も行いました。

指導開始後、徐々に文章題の取り組み方に改善が見られ、1月、3月の組分けテストでそれぞれクラスアップを達成することができました。

志望校別対策コース

各校の入試傾向に合わせた指導を行います。

また、志望される中学に合わせた講師をご紹介し、お子様の弱点分析・補強、過去問対策から受験日程の組み方までトータルサポート体制を築きます。

入会から合格までのステップ

入会から合格までのステップ

※受験終了後、指導にあたった講師がそのまま入学準備や英語対策を行うことも可能です。詳しくはお問い合わせください。

なお、最難関校対策が可能な講師は人数に限りがございます。小学5年の2月からスタートを切れるよう、前年度に講師を確保することも可能です。ご希望の際はお早めにお問合せください。

入塾準備コース

プレステージでは入塾をお考えのお子様も多数お預かりしています。ただ「入塾させる」ためではなく、入塾後に「先行逃げ切り」ができるよう指導いたします。

  • まわりのレベルについていけない。
  • 下位のクラスで入塾してしまい、その後クラスを上げられていない。
  • 子供が塾を嫌がってしまい転塾を考えなければいけなくなった。
  • 子供が「中学受験はしたくない」と言い出した。

志望校に合格できるレベルのクラスで入塾させ、入塾後もきちんと授業についていける基礎作りを怠ると、「こんなはずではなかった」という事態を招いてしまいます。

プレステージでは、
・入塾時期に「塾が必要とする」漢字力と計算力の養成
・正しく音読させる
・長さや時間をはじめとした単位の認識付け
・きちんとしたノート作り
に注力し、指導します。
決して「背伸びをした」内容を勉強させることはいたしません。

また、お子様にあった塾選びと入塾のタイミングについても相談に乗らせていただきます。

無料お見積りはこちら

カウンセリング実施中 まずはご相談ください。 0120-265459 平日9:00縲鰀21:00(月曜~土曜) カウンセリングお申し込み

このページの先頭へ